FC2ブログ

50歳からのセカンドライフ考 お金・生きがい・健康・起業

50歳になってセカンドライフについてどう考えるか、つれづれなるままに思いと実践したことをつづっていきたいと思います

万年筆を買いました

万年筆を何十年ぶりに買いました。

友人が万年筆で手紙を書いているというので何をするということは
ないのですが、値段も高額でないものを買いました。

書くことに慣れてきたらもう少し高額のものを買い、息子にも買って
あげたいと思います。





セカンドライフ生きがいお金情報満載館

スポンサーサイト



PageTop

城郭検定 合格しました

あのロンブーの田村淳さんも合格したという城郭検定ですが、私も受検していました。

3級ですが、合格通知が届きました。

2級を受けるかどうかは迷っています。

PageTop

プランターの野菜づくり

プランターでトマトやきゅうを育てようと苗をかって植えました。

結構高く、伸びていますが、トマトやきゅうりの形らしきものをなかなか見ることができません。

栄養がいきとどいていないのではないかと思い、インターネットで育て方を調べ、とりあえず肥料をやることにしました。

液体型の肥料を与えていますが、その成果があらわれますか、

心して待っています。

PageTop

NHK 趣味悠々

NHKの教育テレビで放映している趣味悠々という番組がありますが、自分の興味のあることがテーマとして取り上げられた場合、見る価値はあると思います。

以前田部井さんが講師になり、登山のテーマがあったりしました。

今、城をテーマに放映しています。週1回3ヶ月完結のようです。

第一回は、姫路城を題材にして、城の見学の仕方を解説していました。

解説されていたようなことをあらかじめ知っておけば城めぐりももっと奥が深いものになってくるのではないかと思いました。

PageTop

城の基礎知識

城をいくつか見てきましたが、城を見る際、事前に知識があるともっと深く、違った視点からもいろいろと見ることができるのではないかと思いました。

絵画を見るのにも事前の知識があるとないのでは、印象が違うと思います。

それと同じで、城も天守だけで構成されているわけではなく、天守にも構造に名前があったりします。

私自身、知識がほとんどありませんので、城についての知識を深める本を読んでいこうと思っています。

日本の城の基礎知識新装版

日本の城の基礎知識新装版

価格:7,140円(税込、送料別)

PageTop

懐古園にいってきました

あの山本勘助が築城したという懐古園にいってきました。

散策だけと園内にある記念館などの入館との共通券の2つのタイプの入場券があります。

とりあえず散策だけにしました。

途中に見晴らし台のようなところがあり、そちからの眺めはすばらしく、結構高い場所にあるのだと思いました。

季節により感じも大きくかわってくるのが、このような公園です。

PageTop

そばうち教室

趣味と実益をかねてそばうちというのがあります。

市の広報誌をみているとそばうち教室の開催が案内されていました。

残念ながら平日でしたので、参加できそうにありません。

HPで探せば、本格的なものからいろいろとでているみたいです。

いずれは参加したいと思っています。

セカンドライフ 生きがい お金 満載館

PageTop

サンデーとマガジン

サンデーとマガジンという本を読みました。

確か、昨年創刊50周年を迎えたはずです。

この本は、創成期の両誌のライバルとしての雑誌の作り方、苦労など、当時マンガ少年だった
私には、興味深く読むことができました。

まんが好きだったかたは、ぜひよんでみてください。


サンデーとマガジン

PageTop

4000万歩の男 読みました

4000万歩の男を読みました。

男の名前は伊能忠敬です。

彼は50歳で隠居し、天文学等を学び、55歳から全国の測量の旅に出ました。

愚直にコツコツと努力を重ね、最終的には大きな成果を生み出しました。

50歳からの彼の生き方は学ぶところが十分あると思いますので、興味のある方はぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

四千万歩の男忠敬の生き方

PageTop

オペラを見ました

初台にある新国立劇場でオペラを見ました。

プッチーニのトスカという、歌姫の悲劇の舞台です。

何せ、生まれて初めてオペラというものを見ました。

個人的にはスポーツ観戦のような感覚にはいきませんが、一度見ておく価値は十分あるのだろうと思いました。

セカンドライフ 生きがい お金 情報満載館

PageTop