FC2ブログ

50歳からのセカンドライフ考 お金・生きがい・健康・起業

50歳になってセカンドライフについてどう考えるか、つれづれなるままに思いと実践したことをつづっていきたいと思います

気になるふるさと納税

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

老後の生活破綻を読みました。

老後の生活破綻を読みました。

生活破綻って結構多いんですね、
私もそういう話は耳にすることがあります。

見守る人が大切だと感じました。

皆さんも老齢のご両親の生活は見守ってあげてください。

【送料無料】老後の生活破綻

【送料無料】老後の生活破綻
価格:777円(税込、送料別)

PageTop

退職金は動かすな

「退職金は動かすな」という本を読みました。

非常に興味深いタイトルでしたが、金融機関や悪徳商法の口車に乗るくらいなら、退職金は動かさず、じっくり考えてということでしょうか、

確かに多くの退職金をもらえる人はよいでしょうが、まずは現状の生活、支出レベルを把握して、退職金をどう使うかだと私は思います。

【送料無料】退職金は、動かすな

【送料無料】退職金は、動かすな
価格:680円(税込、送料別)

PageTop

ミニロト 1000円あたりました。

ミニロト 1000円あたりました。

つまり数字が3つあたったのですが、
ポーナス数字もあたっていました。あと、1つあたっていれば2等です。

残念、でも1等はむずかしい

毎週買っていますが、4つそろうのは至難の業です。

【送料無料】ロト6完全予測で一獲千金

【送料無料】ロト6完全予測で一獲千金
価格:1,260円(税込、送料別)

PageTop

シニアからのライフプランを研究しています。
が、そもそもライフプランんて、何なのでしょう、ということにつきあたりました。

ライフプランとは、日本語にすると人生計画、生き方計画つまり生まれてから、死ぬまでのプランということになると思います。

生まれてから、成人するまでは自分でプランはつくりづらいこともあり、成人してから死ぬまでの人生計画ということでしょうか。

その中で50歳くらいからの人生計画と言い換えればわかりやすいのかもしれません。

そのプランの中にいれておくことは何か考えることが第一かなと思ったりしました。


セカンドライフ 生きがい お金 情報満載館

PageTop

リタイア後の収入

昨日FPの研修会に出席してきました。

リタイア後にいくら収入をえたいのか、目標金額を設定しておきなさいと言っていました。

確か、一般的には必要な生活費つき27万円、ゆとりある老後をおくるためには月38万円ということだったと思いますが。

しかし、ゆとりある老後とはなんでしょうか。私はリタイア後、何をしたいかによると思います。

まずは生活費とそれに加えていきいきとしたセカンドライフをおくるための費用です。

私は年間500万円の収入がほしいと思っています。住宅費は除いた金額です。
生活費は月30万円、他20万円です。20万円あれば十分に月1回旅行ができてお釣りがくる金額です。

で、そのための収入源は年金以外に?
それをリタイアまでに模索したいと思います。リタイアまででは遅いのですが。

セカンドライフ 生きがい お金 情報満載館

PageTop

年金試算

リタイア後の生活、暮らしを考える上で、収入がどのくらいあるかを想定しておくことは、非常に重要なことですね。収入によって暮らし方も変わって来ます。

収入の大きな柱になってくるのが、年金です。
まずは、年金をいくらもらえるのか計算してみましょう。

生活設計をする上で、大切な第一歩です。

下記のアドレスのホームページから簡易計算できますので、それで計算してみてください。

http://www4.sia.go.jp/sodan/nenkin/simulate/top.htm

最終的には、お近くの窓口で計算してもらうことが大切です。
概ねの数字によって、今後、お金を用意しておく必要もあります。

PageTop

個人投資家として

昨日 6月29日 ファイナンシャルプランナーの継続研修を受けてきました。

そこで、講師の方がいわれていたのは、リタイア後に一個人投資家として企業、市場について勉強していくのも、生きがいとして考えられるのではないかということでした。

前提としては、そこそこの資金がいるのですが、リタイア後はある程度の資金があるので、楽しみつつ投資していくのもよいのではないかということでした。

無理をせず、余裕資金の範囲で、銘柄を選んで投資して企業を応援するということは、株式市場をある意味で支えているといってもよいと思います。

頭の活性化にもなりますので、検討する価値はあると私も思います。

PageTop

50歳からの保険

50歳からの保険ということですが、個々人によって状況が違いますので、内容が違ってきます。

基本的には死亡保障と入院補償が主でしょうが、この死亡保障は家族構成、資産状況などで違ってきます。

要するに死亡した時にいくらお金を残しておかなければいけないかということです。

子供の年齢、奥さんが働いているかどうかが大きな要因です。
要は残された者が生活できるかなのです。

PageTop

生命保険文化センター

生命保険文化センターのホームページには
セカンドライフに役立つ低価格の小冊子が紹介されています。

一度のぞいてみてはいかかでしょうか。
http://www.jili.or.jp/buy/entry/consumer.php

PageTop